今月の研究会

【第二百二十五話】
今回は、瓶花。枇杷と二輪菊です。
研究花: 枇杷、二輪菊2
区分:瓶花

前回より、研究会も三密を避けるためオンラインによる
事前予約が必要です。毎月ではなく二ヶ月に一度の開催になりました。
コロナ禍ならではの研究会だと思います。

システムの稼働

【第二百二十四話】
お客様のシステムの稼働を徐々に開始していくことになりました。
システムのテストも行いながら運用していくようになると思います。
先日、最後の確認の打ち合わせを行いました。
旧システムの契約が11月で解約となるため
それまでにデータの移行も済ませ、システムがスムーズに稼働できることを
確認しなければならないため大詰めです。

ロボット開発

【第二百二十三話】
新聞で、最近、日本でも様々な種類のロボットが開発されているそうです。
コロナ禍の中で、かわいい、エレベーターのボタンやエスカレーターの手すり
などを除菌するロボット、人に変ってホテルのチェックインやチェックアウを行うロボット、工場などでは製品の運搬や移動を含め人との接触を最小限にするためのロボット。
今後は様々な場面でロボットが活躍する時代になっていくことでしょう。

ハワイアンリゾート

【第二百二十二話】
GoToトラベルキャンペーンを利用して、
初めて福島県いわき市のハワイアンリゾートと五浦観光ホテルに宿泊。
ハワイアンの雰囲気と温泉を堪能できた二日間になりました。
福島に行ったついでに古関裕而の記念館にも行ってくることが出来ました。

叔母とChromeデスクトップリモート

【第二百二十一話】
離れたところに居る叔母のパソコンで、Windowsメニューが出なくなる不具合が起こりました。これを機会になんとかChromeデスクトップリモートを導入して私のパソコンから叔母のパソコンを操作出来るように頑張りました。今後は、何かあったら簡単に叔母のパソコンを見てあげることが出来ます。

アートフォーラムあざみ野花展終了報告

【第二百二十話】
無事に終えたアートフォーラムあざみ野での花展で収録したビデオ
を関係する人達に配布し、先生宅にて感想や反省、収支報告をまとめ、
今回関わって下さった方々にSNSを通じてお礼のメッセージを送り今回の花展は
本当の意味で終了しました。今回、様々な思いを胸に花展の開催を決行。
本来イベントは全て中止のはずでしたが、花展数日前に横浜市より許可がおり、
いつものように講演、デモンストレーション、音楽ありの花展を行うことが出来
ホッとしています。

霧笛楼

【第二百十九話】
先月の賞味会は霧笛楼でした。
初秋の食材を使用した秋の特別メニュー。
オマール海老のタルタル ルッコラのブランマンジェと蕪(かぶ)のピューレ 、
つぶ貝の小さなパイ包み焼き
国産牛・フィレ肉のステーキ
特に、 地元横浜産・薩摩芋(さつま芋)のローストは最高でした。
また個人的に行ってみたいと思います。

タルトポム

【第二百十八話】
今月初め、ホームページを担当している洋菓子屋さんのホームページを更新しました。
今月初めよりリンゴの時期となりタルトポムに差し替えています。

洋服のレンタル

【第二百十七話】
今月より洋服のレンタルを主人と使っています。
私も主人も比較的小柄なので、市販の洋服はサイズがなかなかないのですが、レンタルでは色々あるし、借り放題なので合わなかったら返却すればいいし、返却も送られてきた袋に入れてコンビニで手続きするだけ非常に便利です。洋服までレンタルする時代になったんだなぁと思い驚きました。

アートフォーラムあざみ野での花展

【第二百十六話】
無事、アートフォーラムあざみ野での花展が終了いたしました。今回はコロナ禍の影響もありイベントはすべてキャンセル。見えないところで話してもらう声だけ聞こえたり、演奏している音楽が聞こえたり、スクリーンで映像を流すだけの花展だと思っていましたが、わずか三日前に、イベントの規制は解除。無事に、箏演奏や講演を行うことが出来ました。Zoomを通してインドからデモンストレーションを届けることが出来ました。今後は、上手くコロナと付き合いながら生活していく上で、オンラインで映像流したり会話したりすることが増えていくと思います、