眼の検査

【第五十二話】
昨年、八月に眼鏡のレンズを変えてもらい、
そのレンズの調整期間が半年ありました。
その期間は視力が変わってもレンズを無料で変えてくれます。
そのため、最寄りの眼科に行き眼鏡の確認をしてもらったところ、
特に右が視力の低下でレンズがあっておらず、作り直してもらうことに。
同時に、白内障が少しあるとか、緑内障の疑いもあるとかいわれて、
引き続き様子を見ていくことになりショックをうけました。
白内障なんて年寄りがなるとおもっていましたが、
4%程度は40代からでてくることもあるそうです。
時々眼の検査をしてもらうことの重要性を感じた瞬間でした。

「嵐」の活動休止

【第五十一話】
最先端で活動していた人気アイドルグループが「2020年の紅白歌合戦の出場を最後に活動の休止」を発表しました。さまざまな意見がありますが、私は仕方ないと思っています。彼らも人間ですし、常にどこいっても注目されたいる中、一度は、誰にも注目されない生活を送ってみたいと思う気持ちもわかります。前回も話題にしましたが、彼らにも充電期間が必要だと思います。今回のタイミングでなくても、活動の休止や解散はどのグループにもあることなので、静かに、彼らが活動を再開してくれるのを待ちたいと思います。

充電期間

【第五十話】
私の母は、箏奏者で、
現在、桐朋学園芸術短期大学に二年間通っていって
今年卒業します。
卒業後はまだ何も決まっておらず迷っています。
上に行く選択もあるそうですが、私は、一旦、卒業して、
一年は、今まで習得したことを、再度、自分の中で消化する
充電期間も必要だと思っています。
母だけでなく、どんな、プロの音楽家やスポーツ選手などにもスランプはあって、
走り続ける中で充電期間は必要だと思います。

今月の研究会

【第四十九話】

今月の花材:アマリリス(花2・葉5)、菜の花3、スイートピー5
区分:色彩・様式

今回は、アマリリスが倒れてしまい立たせるのに苦戦しました。
七宝を置く位置、役枝の長さに注意されました。

全豪オープン2019

【第四十八話】
全豪オープンで優勝し、日本人初の世界一位の座に大坂なおみ選手がつきました。
試合をテレビで見ていましたが、相手もすごい執念で戦っていて、第一セットは勝ったものの、第二セットは、勝利を意識しすぎたせいか落としてしまします。そのときは、負けてしまうかと思いましたが、第三セットで再びきたチャンスをものにして勝利!!
ここぞといったときに粘るしぶとさ、勝利に執着するしつこさの重要性を改めて感じました。

先週の靴教室

【第四十七話】
主人の通勤用靴を作っているのですが、
いよいよ仮履きの段階までできあがりました。
次回、主人の足にあわせてみます。
うまく合えばいいのですが。。。。。。
ちなみに、私が初めて作った記念すべき一作目の靴を履いて
先日銀座を歩いていたら、かかとが折れてしまいました。
たまたま主人と一緒だったので、助けてもらってことなきをえましたが、
自作だから起こる事故だなと痛感した瞬間でした。

市原悦子死去

【第四十六話】
連日、訃報ばかりで恐縮ですが、
日本昔話のナレーションや、「家政婦は見た」でおばさん刑事役の市原悦子さんが
他界しました。小さいころ日本昔話はよく見て知っていましたし、知っている女優さんや俳優さんがなくなるのは残念で仕方ありません。同時に、自分の歳を感じる今日この頃です。

ミヒャエル・クーデンホーフさん死去

【第四十五話】
私のお客様の画廊で個展をおこなってくださっていたオーストリア出身の
ミヒャエル・クーデンホーフさんが、昨年12月26日に永眠したとの連絡をいただきました。個展でもお会いしたことありますし、オーストリア大使館での祝賀会にもご招待いただいた方なので非常に残念です。