英検準一級1次試験結果

【第八十七話】
英検準一級1次試験が合格し、来月初めに、2次試験があります。
今回、1次試験の英作文を書いていて感じたのですが、
やはり、特に次の1級になると、さまざまなテーマについて、
大学レベルで議論ができないといけないなと強く思いました。
確かに、英語のテストであって、経済などのテストではないですが、
普段から新聞を読み、ある程度の議論ができる力がないと受からないと思いました。
とりあえず、7月の2次試験向けて頑張ります!!

佃先生のご逝去

【第八十六話】
先日、私の生花の師匠の師匠、大先生がご逝去されました。
90歳を過ぎても、花を愛し、最後まで、人への感謝の気持ちを忘れない方でした。
一度、私達のお稽古場にも来られ、

「私の教室は、教えない教室なの」

と何度も繰り返し、自分で試行錯誤して見つけながら学んでいくことの重要さを教えてくれた大先生で、一度は、私の先生宅で毎年行われる社中展&忘年会にも来られ、
主人と私の連弾やピアノ演奏を聴いて下さいました。

まだお話になれるギリギリの時に私の先生がお見舞いに行き収録した最後の
音声を聞かせてもらいました。「ありがとうございました。本当に楽しかったです。」の言葉がたくさん聞けて、大先生自身も幸せな人生だったのではないかと思います。私も、自分の最後は、「本当に楽しかった」で締めくくりたいと思いました。

子宮体がんの再検査

【第八十五話】
先日、いつも通っているクリニックで
子宮体がんの検査結果が疑陽性
紹介状をもらって最寄りの病院で検査してもらうことに。

後日、近くの大きな病院で見てもらおうと思ったところ
受付が朝10時30分で終了
いったらもう時間すぎていて、
結局、総合病院ではなく近くの少し大きめのクリニックで再検査をしてもらいました。

以前より少し深めに細胞診を採取してくれたとのこと。
もし、これでひっかかった場合、
麻酔をしえさらに深く検査をするようです。

怖い!!!

お客様の再婚

【第八十四話】
あるお客様が再婚され、
先日、その方のご自宅に招いていただきました。
その際、ショートケーキでろうそくをふいてもらいお祝いし、
一部自動化されたたこ焼き器「たこ焼き工場トントン」をプレゼントしました。

お祝いのプレゼントを何にしようかネットサーフィンしていたら、
いくつかおもしろいものが見つかり、おでん屋さんにあるようなおでんの器具、
釜飯が炊ける土鍋などみていましたが、たこ焼き器が眼に入り気に入って、
即決しました。

いけばなインターナショナルランチョン

【第八十三話】
先日、ホテルニューオータニで、いけばなインターナショナル役員の新旧交代、
家元のデモンストレーションとランチがセットのランチョンが行われました。
森井社中で一テーブル、10人で様々なお話をしながら、素晴らしい家元の
デモンストレーションを見て、美味しいランチを頂き、その後、喫茶でお茶をして
帰宅しました。家元のデモンストレーションは、ユニークなお話もあり、
学ぶことがたくさんあった素晴らしいデモンストレーションでした。

今月の研究会

【第八十二話】
今月の研究会

今月の花材:夏はぜ、桔梗、ぎぼうし
区分:写景・自然

今回は、1回しかお稽古できず、
しかも、中国の人達の集中講座があり
先生も時間のない中練習して研究会へ。
そんな中でも、90点のピンクカードを取得することができました。

今回は、自然の切り取った情景を表現するもので、
風を感じさせるのがポイント。
ぎぼうしの入れ方に一番苦労しました。

パン教室

【第八十一話】
先日、パン教室に行ってきました。
今回は、トマトパン。
水の代わりに、トマト缶を生地に混ぜて作ります。
1次発酵させて生地を15分ベンチタイムをとり、
成形では、トマトのように丸めた上に
星形に切り取ったものを乗せて小指でぐっと押し込み
かわいいトマトの形にします。
また家でも週末つくってみようと思います。

英検準一級

【第八十話】
先日、英検準1級のⅠ次試験を受けてきました。
会場が千葉大学園芸学部だったのですが、
結構、たくさんの人が受験するのに驚きました。
9時20分着席だったので、9時頃会場に着いたのですが、
9時15分まで、1階で待たされ、受付してもらうのも時間がかかり、
結局、着席したのが9時25分頃。
問題用紙が配られるのにも時間がかかり、
問題用紙が届く前に音声テストや解答用紙の記入方法がながされる始末。
おまけに、試験管が時間を間違い、実際よりも1時間早く「残り五分です」
という始末。ちょっと段取りが悪いのが気になりました。
ですが、とりあえず、無事終わりほっとしています。
Ⅰ次試験が通れば、2次試験は6月の最終日曜日か7月の第一日曜日。
2次試験に向けて頑張ります!!

母方の祖母

【第七十九話】
93歳になる祖母と従姉妹が岡山から両親のところに遊びに来ました。
「今回で最後になるかも、最後になるかも」
といいながら、今年、また遊びに来ることができました。

とにかく、よく食べるのが元気の源!!

私が、車で東京まで迎えに行き両親の自宅まで連れてきました。
滞在中、伊豆の温泉にみんなで1泊したり、
私の家でお好み焼きやたこ焼きをして楽しみました。

また来年もこのような機会を持てればいいなと思います。