冊子作成

【第九十六話】
私の生け花の先生が、今年も冊子を作成します。
私の方で前回作成したものをベースに変えていくことになります。
昨年の上海花展の写真をたくさんの中から選んでいきました。

やはり、冊子作成にあたり、
フォントの大きさや写真の配置によって、
冊子の印象が変ってくるので責任重大です。
昨年に引き続き作らせていただけることになったので、
是非、勉強させていただきながら頑張ります。

ピアノ発表会

【第九十五話】
先日、私が通っている伊藤楽器のピアノ発表会が、
スターツおおたかの森ホールで行われました。
私は、主人との連弾で、浅田真央ちゃんが、
最後のオリンピックで使用したラフマニノフのピアノ協奏曲を、
連弾しました。一応、前回よりも旋律がはっきり弾けたので、
私的には無事終えることができホッとしました。

何か終えた後のこの達成感は、
なかなか感じることができるものではないので、
感じることができて幸せです。

英検準1級無事合格

【第九十四話】
先日、英検準1級の合格発表があり、無事合格しました。
今回、英検準1級2次試験面接対策の一環で、
今、現在、日本が直面している様々な社会問題について、
英語で議論し、インターネットなどで、英語で情報を得る、
貴重な経験をしました。

自分の英語力にもある程度自身を持てるようになり、
今後も、引き続き、英語の勉強は続けていきたいと思います。

今月の研究会

【第九十三話】

今月の研究会

今月の花材:河骨(葉8・花2・巻葉2)、太蘭
区分:写景・様式

今回の花材は 河骨。 河骨がこんなに水があがりやすく、
生けるのが難しいものというのを初めて知り驚きました。
最初、水がさがらないようにポンプで水をいれるのですが、
一発で入らないとなかなか上手く入らないようで、
結構、それに時間がかかってしまいました。
時間かけても入らないものもあり、
上手くはいっていないと生けている間に水が下がり、
くたっとなってしまいます。

来年、また、 河骨を生けることがあれば、今回のことを
思い出しながら生けられればいいなと思います。

山形県沖地震

【第九十二話】
先月、山形県沖を震源とする強い地震がありました。
震源の深さは14キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.7と推定されています。

21人ほどけが人がでて、結構、テレビでも、津波の影響が心配され報道されていましたが、普段から、いつ震災があってもいいように準備しておきたいと思います。

英検準一級2次試験

【第九十一話】
先日、英検準一級2次試験を受けてきました。
準備をコツコツ進めてきたせいか、比較的落ち着いて、2分間のスピーチ、
質問への応答できたと思います。

結果が出るのに二週間程度かかるので、
またでたら報告したいと思います。

箱根の温泉

【第九十話】
先月、箱根の温泉に行ってきました。
到着した日は乳白色の温泉にゆっくり入って堪能し、
翌日、ポーラ美術館など、美術館をいくつか回って、
夕方のロマンスカーで戻ってきました。
帰りは、夕方、お弁当を食べながら、夕日が沈む中、
きれいな富士山を見ることができ大満足です。

年金制度

【第八十九話】
前回に引き続き、現状の社会について皆さんにお伺いします。
皆さんは、老後を安心して迎えることができますか?
老後、2000万円というお金が必要だと話題になっていますが、
皆さんは大丈夫ですか?

本来、年金だけで老後生活できるように、お金の心配しなくていいように、
年金制度ができたはずなのに、寿命が延び、少子化が進むと、
国が持っている資金だけではまかなうことが難しくなっていて、
年金以外にも各自で資金を貯蓄しておくことが必要になってきています。

北欧の方では、税金は40%と高いですが、大学まで教育はすべて無料、
病院にかかる医療費もすべて国が負担するため、みんな老後の生活は心配しておらず、
全体的に、日本よりも、人々の気持ちに余裕があるようです。

果たしてどちらがいいのか、日本という国がどう進んでいくべきかが焦点です。
備えあれば憂いなし。
私も、可能な限り、老後に向けて貯蓄したいと思います。

銃撃事件

【第八十八話】
先日、悲惨な銃撃事件が起きてしまいました。
詳細はわからないですが、
東京で生活していた犯人が大阪で事件を起こしたということは、
すべてが綿密に計画された上で実行したとしか私には思えません。

こういった事件は、普段の窮屈な生活から逃れたくて起きたのではないかと、
現状の窮屈な社会のままで大丈夫なのかと不安になります。
日本は、一度躓くとなかなか這い上がれないのが現状で、特に、今の30代、40代は、
新卒の時に正社員の職につけず、様々な職を転々としている場合、なかなか、再度、正社員で雇用してもらえるチャンスがないのが現状です。