アメリカのイラン攻撃

【第百四十八話】
先日、アメリカがイランを攻撃しました。
イラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊を長年指揮してきたカセム・ソレイマニ司令官
が殺害され、アメリカとイランの対立が激化しています。

米政府からすれば、ソレイマニは大勢のアメリカ人を死なせてきた、血染めの張本人だった。しかし、イランでは人気があった。そして、実務の上では、アメリカによる制裁や圧力に対抗するイランの反撃を主導してきた存在だった。

イランの攻撃わからなくはないけど
戦争に発展しないことを切に願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です